長岳寺・おふさ観音へ。




お天気に恵まれた昨日

奈良な友達と、またお出かけしてきました。


友達ん家の庭のつつじは

今もキレイに咲いているというので

かすかな期待を抱きつつ

つつじで有名な長岳寺を目指しました。




2016052001.jpg












2016052002.jpg















2016052003.jpg










まだ咲いてるかな~。





2016052004.jpg

↑日本最古の鐘楼門だそうです。







期待したつつじは・・・

残念でした。







2016052005.jpg






新緑の中に佇む本堂

これだけでも訪れた甲斐があるんですけどね。






2016052006.jpg





本堂は

靴を脱いで中に入って

拝観させてもらえます。


独特のひんやりした空気

見事な仏像

お寺の方が誰もいなくて大丈夫なの?

心配してしまうほど

のんびり穏やかで

心落ち着くお寺です。

(本堂の中の撮影は禁止です)




2016052007.jpg












2016052008.jpg











2016052009.jpg














2016052010.jpg










2016052011.jpg













2016052012.jpg






ここがつつじで飾られていた時

想像しただけで

はぁ

見たかったなぁ。







旧地蔵院

2016052017.jpg



こちらも中を見せてもらえます。

ここも、つつじが咲いていたんだろうな

・・・はぁ。








2016052015.jpg













2016052016.jpg








長岳寺はねこちゃんが多いことでも

知られているそうです。


2016052013.jpg








受付にも看板にゃんちゃんが。

2016052018.jpg





10歳だそうです。






2016052019.jpg







いつも

ここで参拝者を迎えてくれているのね。






2016052020.jpg







あ~ぁ

つつじ、見たかったなぁ。

そんな会話を繰り返す私達に







2016052021.jpg
「前向きに考えるにゃ」










2016052022.jpg



はいっ

そうさせてもらいます!




ということで気持ちを切り替え

長岳寺を後に向かったのは

おふさ観音

こちらはバラで有名なお寺です。




2016052023.jpg









2016052024.jpg




キレイに咲いているお花もありましたが

正直なところ

バラもピークは過ぎているようで。







それでもこんな幸運もありました。



睡蓮

2016052025.jpg








2016052026.jpg








私たちのために

頑張って急いでくれたようなアジサイ。

2016052027.jpg





おふさ観音は

元気が出るお寺であることを

大切にされているそうです。




お寺とバラの不思議な調和が

きっと訪れた人を元気にするのでしょうね。




2016052028.jpg







「花の命は短くて・・・」

若い女性を花に例えた林芙美子さんの言葉ですが

花が美しく咲く時間は

本当に短いんだなと実感します。




いつも私を奈良へ誘ってくれる友達のご主人のおじいさまは

林芙美子さんとゆかりのある方で

(松本清張の短編小説のモデルにもなった方です)

そう思うと、この言葉もさらに深く感じられるのでした。





つづく。

スポンサーサイト

2016/05/20 18:07 | 大和路に恋をして  TOP

 | BLOG TOP |