大切なこと。





昨日の情熱大陸は気になっていた写真家さんでした。



録画してじっくり観ました。

心に沁みました。


観終わって消されないように即ロック

「写真」は「写心」

大切なことを再確認した時間でした。



バイブルにしたいと思います。




数日前のこと

娘がパパとママにと

知り合いの作家さんの作品を買ってきてくれました♪

2017022001.jpg













2017022002.jpg







このカップにもきっと「大切なこと」がたくさん込められているはず。













2017022003.jpg





手のぬくもりが感じられる素敵なカップで

愛犬とベランダでコーヒータイム

そんなシーンにチャレンジしてみたけれど

寒くてすぐ撤収したのでした。






2017022004.jpg

お兄ちゃん、寒くて顔が強張っております。


スポンサーサイト

2017/02/20 12:11 | ア・タ・シ  TOP

文化財にふれる。





国の有形文化財に登録されている

母校の創立者の元私邸が

一般公開されたので友達を誘って

行ってきました。





ドラマなどでもよく使われる邸宅は

最近では「朝か来た」で大隈重信邸として登場しました。




2016111201.jpg







大勢の方が訪れていたので

全体的な写真がほとんどないんですが・・・。








西陣織の壁の応接室
2016111202.jpg











牡丹が施されたガラス
2016111203.jpg













天井は楠の一枚板です。
2016111204.jpg












廊下にも細やかな心遣いが。


お庭からの光
2016111205.jpg













執事室の机の上
2016111206.jpg








どこもかしこも

時が止まったようでした。











客室の窓
2016111207.jpg





1/4円形の障子窓は

とても珍しいそうです。









薄い杉板を編み込んだ客室の天井
2016111208.jpg







どの部屋にも壁に小さなボタンがあり

女中さんの部屋に繋がる仕組みになっていました。










和が織り込まれた洋風居間
2016111209.jpg















欄間
2016111224.jpg














床の間の天井は鳳凰の刺繍でした。
2016111210.jpg






細部にまでこだわり

追及されて建てられたのが

あちこちから感じられます。

今ではほぼ入手できない貴重な木材が

ふんだんに使われていました。






四隅に黒柿で象嵌加工された居間の床
2016111211.jpg












長い廊下
2016111212.jpg









こういう廊下が何か所も

想像していた以上の大豪邸でした。



この状態を維持されることは

大変なことだと思います。











食堂の照明
2016111213.jpg











なんで撮らなかったんだろうろと

後悔でいっぱいなのですが

何人座れるんだろうというくらいの

大きな立派なテーブルが置かれていました。










二階への階段
2016111214.jpg










残念ながら

二階は非公開でしたが

この階段を見れば

その先に広がる光景が浮かびますよね。












電話室
2016111215.jpg













広いお庭
2016111216.jpg






今日はお天気も良く

子供たちが元気に走り回っていました。

当時も同じよな光景が広がっていたのかもしれません。

居間の広縁から創立者の主はその姿を眺めておられたのかな

・・・って想像ですけどね。









2016111217.jpg














2016111218.jpg
















2016111219.jpg






この邸宅が立つ前

ここには帝国キネマの撮影所があり

それが京都太秦に移転して

現在の映画村に至るそうです。



撮影所があったということでも

広さがわかりますよね。





2016111220.jpg






もっとこう撮ればよかった

そういうのがいっぱい。

それより、ちゃんと予習して行くんでした。






2016111221.jpg








オリンピックの年の11月に一般公開されるので

次は4年後です。





私が学生の頃も一般公開されていました。

でも当時は全く興味なし。

ま、見ても今ほど感じることはできなかったと思うし

きっとこの年で訪れる運命だったんですね。

ってことにしときます。




2016111223.jpg


2016/11/12 23:34 | ア・タ・シ  TOP

水曜日はキレイYOGA。



なんだかよくわからないけど

今日は頑張ったわ~私

って気分♪



午前中はヨガレッスン。

水曜日のレッスンテーマは

「キレイYOGA」


空が気持ちいい青さだったので

カメラも一緒に自転車に乗ってゴー。


2016110901.jpg







スタジオまでの道のりは

大阪城のお堀のそばを走る

お気に入りのコースです。








2016110902.jpg






本格的に寒くなったので

コートと手袋で出かけたのですが

自転車止めて撮って・・・を繰り返すうちに

どうやら私

手袋を片方どこかに落としてきたようで。


(T_T)グスン

仕方ない、諦めよう。


2016110903.jpg








今日は通常のレッスンの後

少しだけ補習レッスンをしてもらいました。







2016110904.jpg

言うまでもなく手前が先生

この違い!!



あぁ

きれいにポーズが出来る身体になりたい。



肩関節と股関節をもっと動かせるようにするのが課題。


ダウンドッグ(上のポーズの名前)の時

背中がしなるくらい伸びてみたいわ。




子供の頃から、ずっと身体が硬かったので

これでも、この年にして

自分史上最大の柔らかさを体感中なのです。


まだまだ進化するよ!!!(の予定)




なんだか二人で盛り上がって

先生(友達でもあるんだけど)と二人で

ジャ~ンプ!



2016110905.jpg



なにがしたいんだか。

とにかく二人で大笑いでした。








わんこのみんな

お留守番ありがとね。

2016110906.jpg





午後からは残っていた家事を済ませて

夕方、ひなたの点滴へ

病院から帰って

スーパーに買い物に行って夕食作って

あっと言う間にこんな時間。




さて、今からサンプル作りです。


寒くなったので、あったかいお洋服を作りたいと思います。



2016/11/09 22:23 | ア・タ・シ  TOP

正倉院展へ。





2016110701.jpg



お天気もよくポカポカだった今日は

葉が少し色づき始めた奈良へ。




奈良国立博物館で開催中の

特別展 「正倉院展」に行ってきました。






誘ってくれたのはこのお二人。



20161107002.jpg



83歳と61歳の私の大切なお友達

シッポがつないでくれたご縁で

ひなたがパピーの頃からのお付き合いです。




「ひなたくんのママも一緒にどう?」と声をかけてくれたので

喜んで一緒させてもらいました。



お二人のワンちゃんはひなたよりも年上で

もう逝ってしまいましたが

出逢った頃から今もずっと

ひなた達のことも私のことも可愛がってくれる人生の先輩です。









2016110703.jpg


鹿さんの後ろに見えるのが博物館

聖武天皇のゆかりの品々は

今見てもモダンな物が多く

当時のセンスは今の世の人々にも受け継がれているのだと感じました。







和と洋が心地よく重なり合う博物館。



2016110704.jpg













2016110706.jpg














2016110707.jpg












2016110708.jpg






正倉院展のあとは

名品展 「珠玉の仏たち」にも立ち寄り

たくさんの仏像を拝ませてもらいました。

そういう素質はない私でも

全身で「気」を感じて帰ってきました。






2016110709.jpg




ゆっくり流れた奈良時間

夕焼けに浮かび上がる興福寺の五重塔

誘ってくれた大切なお友達に

ありがとう。



このご縁をつないでくれた

わんこ達にも

ありがとう。





このブログを見て下さっているみなさんにも

ありがとう。

コメントもありがとうございます。



2016110705.jpg



2016/11/07 22:01 | ア・タ・シ  TOP

この言葉を大切に。



少し前のことですが

誕生日の翌日の朝

フォトコンテストの賞状と副賞が届きました。





2016100901.jpg





奈良市観光協会からの賞状だと思っていたのですが

薬師寺の管主さまのお名前が書かれていて

まず、びっくり。




和紙に包まれた副賞をドキドキしながら開けると


2016100902.jpg


管主さまが書いてくださった書でした。

感激で鳥肌

ちょっと手が震えました。









もったいないほどの副賞は

今まで撮った写真全部へのご褒美だよと

友達が言ってくれたので

額に入れて飾らせてもらうことにしました。






2016100903.jpg






邪念うずまく私ですが

この言葉を心に

これからも出来ることを頑張ります!




2016100904.jpg






どんな言葉で表せばいいのか。

本当に嬉しい

ありがたいです。




2016100907.jpg


この書

この言葉

大切にします。


2016/10/09 17:29 | ア・タ・シ  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»